検索
  • 濱田 知子

補聴器屋さんの思い出話し④

三笠市のポパイ(お父ちゃん帰ってきちゃった)

ポパイは

戦争の時海軍だったって話。その後、流れ流れて三笠の炭鉱に入ったって。ずっとポパイみたいなパイプでタバコを吸う人。で、補聴器を片耳だけ買っていただいた直後に奥様から衝撃の一言「お父さん肺がんなの」。。私「や、いやいや、パイプ又は両切り缶peace吸ってますよ!!」「知ってるの。家ではタバコ辞めたことになってるの。でも補聴器屋さんに行ってくるって必ず車庫に寄って何か持って出掛けてるの。帰ってきたらタバコの匂いがするの。でも楽しそうに行ってるから黙ってるの。。」って。それから半年くらいしてポパイは少し元気なくなり病院で不便だからもう片方の補聴器を買って頂き一時退院の日に自宅に納品するって、ご本人と電話で約束。納品の日大雨だったなぁ。これから伺いますと電話をした時奥さんが「気をつけてくるんだよ。焦ら無くても、お父ちゃんもう帰ってきちゃってるからゆっくりね。待ってるから」って。ん?って思ったけど。。まぁ、帰ってくる時間が早かったのか?と思ったら自宅前にお寺さん来てた。ポパイ、こんなはずじゃなかったんだろう。「補聴器はお父ちゃんが注文して、お金用意して楽しみにしていたんだから」と奥さんに言われ。お金頂きました。キッチリ聞こえるはずだった調整にして耳元においてきた。車に戻って煙草に火をつけた時に咳払いが聞こえた気がした。「もう隠れないでゆっくりタバコ吸えるっしょ?」って思った。この時は初めて、お客様の事で泣いた日だった。

15回の閲覧

​旭川ヒアリング株式会社

  • Facebook
  • Twitter

since2019 copyright 旭川ヒアリング株式会社

〒071-8154 北海道旭川市東鷹栖4線14号2948-14