あなたの聞こえのパートナー 補聴器屋さん

北海道初!出張・訪問サポート専門の補聴器店

旭川ヒアリング株式会社

〒071-8154 北海道旭川市東鷹栖4線14号2948-14

フリーダイヤル0120-04-3317

聞こえのよくあるQ&A

補聴器を検討している方・はじめて補聴器を使う方のよくある話し

Q. 補聴器の使用を検討するタイミングや自覚症状について教えてください。
A)聞こえの状況や補聴器が必要となるケースには個人差があります。年齢に関わらず、日常生活で聞こえ具合に支障がある場合に補聴器の使用を検討すると良いでしょう。
日常生活で「聞こえ」は重要で、同居家族や周囲の方々との会話で聞き取れない状況があると、ストレスを感じたり、会話が減ったり、人と関わること自体が減ってしまう原因にもなります。
もし、聞こえ具合に違和感を感じたり誰かに指摘された場合には聴覚検査や補聴器の相談をしてみてはいかがでしょうか。
補聴器を使うきっかけでよくある状況をまとめましたので参考にしてください。
 

会話中、聞き取れなくて「聞き返し」が多い

自分が聞き返していることに対して聞き取れていないと自覚している方は多くはありません。むしろ相手が気づいて教えてくれる場合がよくあります。
 

テレビやラジオの音量をいつの間にか大きくしている

知らず知らずのうちにテレビの音量を自分にあわせて大きくしているため、聞き返しと同様に周囲の人に指摘される場合が多いケースです。
 

声は聞こえるけど言葉がはっきりと聞き取れない

聞こえの状況は単に音量だけではなく、言葉の認識度合いもかかわってきます。「声は聞き取れても言葉がよく聞き取れない」という方は少なくありません。言葉が認識できなければ、話の内容そのものを理解するのが難しくなります。特にお仕事の会議などでこのような状況では業務に支障が出てしまいますので、聴覚検査を受けることをお勧めします。

 

Q.補聴器の紛失を防ぐいい方法はありますか?
A)例えば、視力が弱くて日頃から眼鏡をつけている方のように、なくては困るものは自然と置き場所が決まっているものです。同じように補聴器もなくては困る器具として普段から装用する習慣が大切です。せっかく日常生活を快適に過ごすために購入した補聴器なのに、必要なときだけとりだして装用する方が多く、紛失原因の多くは置き忘れやしまい忘れと言われています。着けたり外したりしていては「あれっ、どこに置いたかな〜?」という事態も当然でてきます。「朝起きたら着け、夜寝るときにはずす」というように日頃から装用する習慣をつけることでいつも決まった場所に補聴器を置くようになり、紛失を防ぐことにもつながると思います。(補聴器には専用ケースが付属されています)
さらに、毎日装用することで補聴器の調子や自分の聞こえの変化にも気づきやすくなります。
 
Q. 補聴器の寿命ってありますか?
A)精密機械とはいえ、寿命はやはりあります。大切に使っていたとしても壊れてしまうときはいずれやってきます。目安としては、行政が定める耐用年数として5年とされています。しかし、5年で必ず使えなくなるわけではありません。聞こえの変化がさほどなく、お手入れしながら微調整だけで済む場合なら10年くらい長持ちする場合もあります。

日常的に補聴器を使っている方のよくある話し

Q. 耳あなタイプの補聴器なのですが、最近雑音が多くて気になっています…故障ですか?

A)耳あなタイプは、ご自身の耳型からつくるオーダーメイドの補聴器です。隙間なくピッタリと耳あなをふさぐことで自然に聞こえるようになっています。
年数の経過で雑音が出てきた原因のひとつには、ご自身の耳型が若干変わり隙間ができている可能性があります。作った当時より体系が痩せてしまった場合、耳型も同じように痩せてしまい耳型が合わなくなり「ビービー・ガーガー」といった雑音や声や音が耳の中で響いたり、うまく補聴器がはまらなくなったりします。
このような状況は補聴器の故障ではありません。再度耳型をとりなおして修正する必要があります。ですが、中に入っている機械はそのまま使えますので新しく作るよりも割安なので金銭的な負担は軽くてすみます。まずはお気軽にご相談ください。
 

Q. 補聴器のメンテナンスは必要ですか?

A)補聴器は購入して終わりではありません。電池がなくなれば電池交換も必要ですし、聞こえ度合いも加齢や症状悪化とともに変化します。補聴器は購入後でも変化した聞こえ具合にあわせて調整できる器具ですから、定期的に微調整することで常に快適な聞こえ状態を保つことができます。また、日常的なメンテナンスとしては「乾燥」や「簡単なクリーニング」が必要です。
補聴器の多くは汗・水・湿気などに弱く、金属部分が錆びると故障の原因にもなります。補聴器を外している時は乾燥剤の入った専用ケースで乾燥させ、万が一本体が汗で濡れてしまった場合には早めに拭き取るようにしましょう。
補聴器は直接耳あなに入れる器具ですから、スピーカーに耳垢が付着していると聞こえづらくなります。週に1回程度専用ブラシで軽くブラッシングすると汚れがとれ、快適な状態を保つことができます。もちろん補聴器本体の寿命を延ばすことにもつながります。
 

Q. 補聴器の調子が悪いと買い替えになりますか?

A)補聴器の調子が悪いと気づいたら、まずはご相談ください。オーバーホール(分解掃除)や部品交換で改善できる可能性もあります。保証期間内であれば上限はありますが費用はかかりません。万が一期限が切れてしまった場合でも新たに買い替えるよりも負担が少なくて済みます。

INDEX